見出し画像

EndelがApple「Best of 2020」を受賞!今年の傾向とは?

Appleが、2020年12月1日に「Best of 2020」を発表。その中で「Endel(エンデル )」は「Apple Watch App of the Year」を受賞!

今回はAppleの「Best of 2020」のそのほかの受賞アプリや今年の傾向、「Endel(エンデル )」についてご紹介いたします。

Best of 2020とは?

Appleが毎年発表する「Best of アワード」は、その年を代表するアプリや世の中にインパクトを与えたアプリに与えられる賞です。

App Storeのスタッフが選出するApple公式の賞である「Best of アワード」は、ダウンロード数やアプリ規模だけでなく、アイデアやデザイン性などを讃えて表彰することもあります。

受賞部門は、大きく分けて「Best Apps」と「Best Games」、「App Trends」の3つです。

・Best Apps:App Storeでダウンロードできるアプリのなかで、App Storeスタッフが選ぶ今年のベストアプリ
・Best Games:App Storeでダウンロードできるゲームアプリのなかで、App Storeスタッフが選ぶ今年のベストゲームアプリ
・App Trends:App Storeでダウンロードできるアプリのなかで、「今年のトレンド」としてApp Storeスタッフが選ぶトレンドアプリ

さらに、各部門でデバイスごとにベストアプリが選出されています。

そんな今年の「Best of 2020」には、激動の1年であった私たちの暮らしや社会にインパクトを与えた15アプリが選出されました。

「Apple Watch App of the Year」に選出された「Endel」

皆さん、Endel(エンデル )というアプリをご存知でしょうか?
Endel(エンデル )は、ドイツ・ベルリン発のマインドフルネスアプリです。AIによりパーソナライズされたヒーリング音がリラックス、快眠、集中力をサポートします。

Apple Watch版のEndel(エンデル )では、Apple Watchから得られる心拍数や天気、時間帯などの情報を元に、自分だけのヒーリング音をリアルタイムで再生することができます。

現在、世界136ヵ国で配信され、100万人以上のユーザーに愛用されています。
今回の「Apple Watch App of the Year」の受賞について、Endelチームは受賞の喜びをSNSに投稿しています。

Endel(エンデル )にとって、2020年末はGrimesとのコラボレーションやAppleのベストアプリ受賞など、注目を集める良いタイミングとなりました。

Endelに興味がある方はこちらの記事がおすすめ!

「Best of 2020」受賞アプリをご紹介

Endel(エンデル )の他に、「Best of 2020」を受賞したアプリを紹介します。今年、一度は聞いたことあるあのアプリから意外なアプリまで、Apple厳選のベストアプリをチェックしましょう!

Best Apps of 2020部門

iPhone App of the Year:Wakeout!

画像1

iPad App of the Year:Zoom

画像2

Mac App of the Year: Fantastical

画像3

Apple TV App of the Year: Disney+

画像4

Apple Watch App of the Year: Endel

画像5

Best Games of 2020部門

iPhone Game of the Year:“Genshin Impact”

画像6

iPad Game of the Year: “Legends of Runeterra”

画像7

Mac Game of the Year: “Disco Elysium”

画像8

Apple TV Game of the Year: “Dandara Trials of Fear”

画像9

Apple Arcade Game of the Year: “Sneaky Sasquatch”

画像10

App Trends of 2020部門

Shine

画像11

Explain Everything Whiteboard

画像15

Caribu

画像13

Pokémon GO

画像13

ShareTheMeal

画像14

□出典:Apple presents App Store Best of 2020 winners

今年の傾向について

「Best of 2020」を発表したAppleは、今年の受賞アプリについて「ヘルプフルネス 」を掲げました。

コロナ禍の2020年は、人々の働き方や暮らし方、教育のあり方などにおいて、これまで当たり前だった日常から大きく変化を強いられる1年でした。

その影響は、Appleの「Best of 2020」を受賞したアプリに色濃く反映されています。
オンラインミーティングの「Zoom」によるリモートでの会議やストリーミングビデオの「Disney+」はStayHome期間を支えるサービスだったのではないしょうか。

また、外出自粛を世界的に強いられたなかで自宅で過ごす時間をより良くするためのヒーリングミュージックの「Endel」やエクササイズの「Wakeout!」は、ウェルネス分野では大きな貢献をしたとも言えます。

今年を象徴する「Best of 2020」

いかがでしたか?
「Best of 2020」はコロナ禍における2020年で大躍進したアプリから巣ごもり需要に応えたアプリなど、今年1年を象徴するような顔ぶれとなりました。
これから年末年始に向けて、家で過ごす時間が増える方は、ベストアプリのどれかを試してみるのもいいですね

スキありがとうございます!たまには息抜きも大事ですよ♪
21
ヒーリングテックは、ヒーリングにテクノロジーを掛け合わせたウェルネス領域のメディアです。 ヒーリングテクノロジーだけでなく、マインドフルネスや瞑想などに関する情報も発信します。